社会福祉法人 福知山学園
MENU 寄付のおねがい

フクガクコミュニティ

活動報告 あまだ翠光園

法人60周年記念食事会、あまだ翠光園はコレ‼

2020年03月16日

3月6日(金) 天候:晴れ

今年度、福知山学園は創立60周年を迎えました。
そのお祝いとしてご利用者の皆さんへということでお食事会を開催しました。
他の施設でもこの件についてはホームページで既に紹介されているところも
ありますが、内容は各施設でご利用者に喜んでいただけるもので、と私たち
にゆだねられ…私たちも何がいいものかと皆で悩み…行きついた先が  ↓ ↓ ↓ 

普段の給食ではまず出ないであろうメニュー『ローストビーフ丼』でした‼

調理職員が総出で綺麗にそして豪勢にローストビーフを盛ってくれました ♪

とっても柔らかくジューシーなローストビーフだったので、お肉が食べ難い
ご利用者も今日は特に楽しそうに食べておられました。
また、なかなか会話ができないご利用者も多くおられますが、伝えることの
できるご利用者からは「おいしー」「しあわせやー」といった言葉が聞かれ
たりしたことに、今日のために色々考え、そして喜んでいただけるものを見
つけ、さらには喜ばれる姿を想像し、結果として実際にご利用者の笑顔、喜
びの声を目の当たりにできたことに、職員として嬉しく思えました。

また、午後からのお茶の時間にも普段のお菓子より少し豪華なお菓子に
しました。
地元の有名洋菓子店にて、バームクーヘンを発注したのですが、お店の
計らいでひと箱ひと箱に違う色のリボンが掛かっていました。
少し感動しましたので、外箱ではありますが紹介させてください。

福知山学園が始まって60年、ホント長い歳月です。
でもまだまだこれから先も福知山学園は存続していきます。
今この一瞬一瞬を大切に想い、私たちはこれからも良き支援チームとして
ご利用者に寄り添い進んでいきたいと思っています☆

もうすぐ1年♪

2020年03月05日

早いものでもう3月…

今年度、あまだ翠光園に男性1名、女性3名の若い職員が入職し、もうすぐ1年に
なろうとしています。
その若い職員たちに、この1年を振り返ってということで少し聞いてみました。

 

Q:入社したこの1年を振り返って、どうでしたか?どんなことが思い浮かびますか?


(1)
A:この1年、一番思い出に残っていることは、ご利用者と一緒に旅行に行ったことです。
 ご利用者が楽しそうにされている姿を見て、私も嬉しく、そして楽しく旅行に参加できました。
 また、日々の生活の中では大変だなと思うこともありますが、話したり関わったりする中で、
 ご利用者との楽しい時間を過ごせたとも感じています。



 ■ご利用者と一緒にお菓子作り         ■ハロウィンイベント一緒にスタンプラリー

 

(2)
A:先輩職員と一緒に運動会の企画・運営をしました。職員会議の時に競技について提案をしました。
 提案自体あまりしたことがなく、悩んだり考えたりと仕事の難しさも経験しました。
 運動会当日、ご利用者が自分が提案した競技を楽しそうに行なっておられる姿を見て嬉しかったです。

   ■夏祭り、ご利用者と一緒に花火      ■運動会、仮装競技で「ハイ、ポーズ」

 

(3)
A:あっという間の1年でした。
 色んな行事に参加し、普段見られないご利用者の表情をいっぱい見ることが出来ました。
 ご利用者と一緒にたくさんの行事に参加したという経験を、今後に活かしていきたいです。
 ホント楽しかったです。

■運動会でパン食い競争に一緒に参加       ■外食、ご利用者の食事介助中

 

(4)
A:日中活動グループ『虹』に所属しています。自閉症の方が多いグループです。
 自閉症の方の作業支援をしていますが、まるで職人のように課題に取り組まれている姿を見て驚きました。
 障がいによりコミュニケーションを取ることに難しさはありますが、皆さんひとり一人個性があり、色んな
 反応がある毎日はおもしろく楽しかったです。

■初めての一泊旅行、ホテルの部屋にて      ■お菓子作りの手順をご利用者の説明中

 

4名の新しい職員により、ご利用者も施設もイキイキした1年となりました ♪
各々が日々、ご利用者と関わる中で、時には悩み、時には嬉しい、楽しいと喜べる
時間を一緒に過ごした、いろいろあった1年だったと思います。
そうしてこの1年、日に日に支援者として頼もしく成長してくれていると感じます。
この若い職員達と共に、ご利用者が楽しく、そして安心して過ごせて頂けるよう
皆さんを支えていきたいと思います!

節分👹の日

2020年02月10日

2月3日(月) 天候:晴れ時々曇り

節分のこの日、昼食に巻き寿司をみんなで頂きました。
朝早くから酢飯の匂いがし、調理職員が総出で巻き寿司を巻き巻きと作りました。
ちなみにあまだ翠光園の巻き寿司は例年『サラダ巻き』と『エビかつ巻き』です。
早速、ご利用者が大きな口を開けて美味しそうに食べられている姿を見て下さい。

「まるかぶり」とはいきませんが、本当に皆さん大きなお口で美味しそうに食べられ、
見ている私たちも本当に嬉しくなれた時間でした。

また節分の日のおやつ、お茶のお供も毎年決まっての「回転焼き」です。
『あんこ』と『クリーム』があり、「どっちを食べようかなぁ」と悩むご利用者、
それをしり目にサッと即決するご利用者、皆さんそれぞれ楽しんで選ばれ、そして
おいしく食べられました。

…話は前後しますが、
前日の2月2日に、施設を代表して5人のご利用者が地元の大原神社へ参拝に行ってきました。

皆の無病息災を願ってきれくれたことだと思います ♪
今年一年、ご利用者・職員みんなが、元気で楽しく過ごせるようにと願います。

新年会

2020年01月20日

1月10日(金) 天候:晴れ一時雨

本日昼食、新年会を行ないました!
あまだ翠光園の新年会メニューは、毎年『すき焼き』です。

このように”鍋を囲んで”というものは、施設での通常の食事では
なかなか提供出来ないこともあり、ご利用者のみなさんも”鍋を
囲んで”の食事を楽しみにされています。

こうして始まった新年会、みなさん少々食べ過ぎ?といった感じ
にはなりましたがそこは新年会、大いにすき焼きを堪能されまし
た ♪
また、すき焼きにシメとして入れる『うどん』もみなさんに好評
で「うどんまだ?」と言われる方も多く、いつもと違う甘辛いう
どんも堪能していただきました。
こんな感じで、お腹いっぱい笑顔いっぱいな賑やか新年会でした☆

お正月の様子

2020年01月14日

1月1日(水)~1月3日(金)

1月1日の朝食です。


ミニおせち料理と白みそのお味噌汁です。
調理職員が朝早くから作ってくれました。
「明けましておめでとうございます。」と挨拶を皆で行ない、頂きました。
あまだ翠光園、令和2年の始まりです ♪

お正月3が日、ゆっくりと過ごされたご利用者ですが、
中にはゆっくり過ぎて、暇を持て余されるご利用者もおられます。
障害特性から、何もない自由な時間を過ごすということが苦手なご利用者
もおられます。
私たち職員は、ご利用者が見通しを持て、何か楽しめる事をと考え、1日と
3日の午後に、ホールにてお正月ならではの事を行ないました。

◆1日の午後 ♬
かるた取り・双六・福笑いを行ないました。
かるた取りも双六も普段あまりしない遊びですが、
お正月をいう事でやってみましたが意外や意外(笑)
特にかるた取りは白熱しました!

◆3日の午後 ♬
『書初め』を今年も行ないました。
ご利用者は個々に考えている事や感じている事などを、思い思いに筆を
走らせて書かれました。
もちろん中には字を書くことができないご利用者もおられます。
その方は職員と一緒に筆を持ち、思いを表現されました。
こうして参加したご利用者全員が、ご自身の思いを書かれました。

…こんな穏やかな日があっても良いなぁと皆で感じたお正月3が日でした☆

あまだ翠光園 クリスマス会🎄開催 🎵

2019年12月29日

12月14日(土) 天候:曇り

あまだ翠光園でも、皆さんが楽しみにされている行事の1つ、
そして令和初となりますクリスマス会🎅を開催しました ♪
担当部の職員は数日前から楽しいクリスマス会になる様にと
想いを込めて準備を進めてきておりました。

そして迎えた当日、
   楽しい一日の始まりの扉が開きました。
 

オープニングは担当職員によるハンドベル演奏です。
緊張している職員の表情が印象的でした。

そして、司会者登場です!…んん!?(笑)
この二人が本日の司会者です。

                  お相撲さん                   オラフ

お相撲さんが司会者ということで、今年のクリスマス会の合言葉は
「メリークリスマ〜ス ♪」ならぬ「メリーどすこ〜い ♪」でした(笑)

午前中は『あしびなBand』さんに来園いただき、
クリスマスコンサートがひらかれました ♪
クリスマスソング、沖縄の歌、ご利用者が知っている、乗れる曲…
本当に楽しい演奏をして頂き、みんな大変盛り上がりました。

ご利用者もライトを手に盛り上がられ、コンサートを楽しみました。

…ご利用者がコンサートを楽しまれているその頃、
食堂では職員・ボランティアさんがクリスマスランチの準備に追われていました。

 今回お世話になった裏方のボランティアさん達です。

さて、食堂の準備も整い、いよいよお楽しみの一つでもあるクリスマスランチの
スタートです!
今回のランチ設定は、クリスマスをより感じて頂きたいという職員の想いから、
星形のお皿にサンドイッチ、チキン、ハンバーグ等、ご利用者の好きなメニュー
が豪華にならびました。

味はもちろんの事、目でも楽しみ皆でランチをいただきました。

美味しいランチが終われば、午後の部の始まりです。
午後の部は、クリスマス会担当職員による劇です。
劇のタイトルは「あわてんぼうのサンタクロース」。
普段と姿と違う職員を見て、ご利用者も劇に見入っておられました。

職員による劇も終わりこちらもお楽しみの時間、プレゼント渡しです。
今年も2名のサンタさんがプレゼントを渡しに来られました。

プレゼントを受け取られたご利用者の笑顔も見て下さい ♫

プレゼント渡しのあとは、クリスマス会のクライマックスとなります
キャンドルサービスです。
今年は、ロウソクのキャンドルではなく、LEDライトにしてみました。
(ロウソクは火の扱いがご利用者によっては危なく感じることがある為
今回担当部職員にて考えたものです)

ライトの光を見ながら楽しかった一日を振り返り、明日からの「次への一歩」
に繋げられるようにという気持ちを落ち着かせる穏やかな時間になりました。
…こうして、楽しかったクリスマス会は終了となりました。

今年も無事にクリスマス会を終えることが出来ました。
ここに至るまで、クリスマス会を担当した職員は色々なことを考えてきました。
例えばランチのお皿、クリスマスイメージで星形の紙皿としましたが、それも
「見た目はいいけど、食べ難さをどのように解消しようか」など担当部で検討
しあったり、ランチのメニュー内容もご利用者に喜んでいただけるものを、と
調理職員と一緒に考えたり、「安全第一だけど雰囲気は損わないように」、と
キャンドルサービスのロウソクに代わる物を探したり、職員の「楽しいクリス
マス会を」という思いがたくさん伝わってきました。
仕事をする上でそういう想いがあるから、私たち支援者は「仕事って楽しい!」
と思えるし進んでいけるのだと思っています。
今回、担当した職員は大変だったと思いますが、楽しそうに準備・運営をして
いました。
その思いがご利用者に伝わっていることを願っています。

お菓子作り

2019年12月06日

11月24日(日) 天候:曇り

午後からお菓子作りを行ないました。
今回はマドレーヌにトッピングです。
ポイップクリーム、チョコレートソースを思い思いにトッピングしました。

このあまだ翠光園のホームページでは、
女性職員のパワフルさを紹介させて頂くことが多いのですが、
今回は男性職員の活躍を紹介させて頂こうと思います。

あまだ翠光園の男性職員も女性職員に負けず劣らずパワフルなんです。
(秋の大運動会の活動報告を見て下さい。)
…が、でも今回はひと味違う一面を紹介します。

パワフルさもありますが、皆さんとっておきの優しさや
しなやかさも兼ね備えているんです ♪

出来上がったお菓子は午後のお茶の時間に頂きました。
笑顔でお菓子を食べておられるご利用者を見ると
職員も幸せな気分になります。
こうして、美味しいお菓子に笑顔、
穏やかに午後のひと時が過ぎていきました。

利用者旅行 ランチクルーズコース

2019年11月27日

11月8日(金) 天候:晴れ

今回の利用者旅行は、神戸・中突堤港発着のルミナス神戸2のランチクルーズ
コースでした ♪
ランチの内容は『ステーキバイキング』!!!
あまだ翠光園のご利用者は、お肉が好きな方が多く、
「ステーキを何枚食べようかな。」と超楽しみにあまだ翠光園を出発しました。

バスで約1時間半かけ、神戸中突堤港に到着しました。
既にルミナス神戸2が停泊しており、係の方に誘導してもらい乗船となりました。
船の中に入ると、食事をする部屋には美味しそうな料理がたくさん並んでいました。
みなさん待望のステーキもその場でシェフに焼いて頂き、「ジュージュー」という
音が食欲をそそりました。

                      ◆この日主役のステーキです。

ステーキも焼き上がり、好きな物・食べたい物を各々が取りに行き、楽しい
ランチタイムが始まりました。
乗務員さんも丁寧に対応をして下さり、落ち着いた雰囲気の中でステーキを
楽しみ、ステーキを皆さん「2枚以上」は頂かれました。

この日は天気も良く、食事を終えると船の中から海の景色を眺められる方、
海の風を感じる為にデッキへと上がられる方、食後の過ごしはそれぞれに
時間をのんびりと楽しまれました。

今回、あっという間の2時間のランチクルーズでした。
バイキング初体験のご利用者もおられ、緊張の中で出掛けられたと思いますが、
楽しく食事をして頂いている姿を見て、安心しました。
今回参加されたご利用者が、この旅行で経験されたことが生活の糧となり、次
の楽しみへのステップとなればいいなと思います。

コットン調理実習

2019年11月15日

11月1日(金) 天候:晴れ

日中活動グループ『コットン』が調理実習を行ないました。
数えて4回目となる今回、「さて、何を作ろうかな?」と考えた結果、
今回のメニューは『餃子・チャーハン・スープ』に決定しました ♪
そして、今回は “手作り餃子に全力投球する” 為に、チャーハンは冷凍
のもの、スープはインスタントにしてしまいました。

さぁ、調理開始です!
まず一番に行なった事、それは「キャベツを刻むこと」でした。
包丁やハサミを使用してざくざくキャベツを刻みました。

★ひたすらキャベツを刻みました ♪

キャベツが刻み終えたら、ひき肉と合わせて餡作りです。

★職員で粘り加減を確かめました ♪

いよいよ、餡を餃子の皮で包む作業です。手で包むのは職員でも難しいので
[簡単に包める道具]を使用して作りました。

★先ずは職員がやるのを見てもらいました ♪

やり方の説明を聞き、ご利用者も餃子包みにチャレンジです。


思ったより皆さん上手に餃子を包むことが出来ていましたー。
その後、焼く作業は職員で行なわせてもらいました。

              ★餃子もいい感じに焼き上がり、完成しました ♪

    ★本日の昼食完成♪

         ★皆でテーブルを囲み「美味しいね」と言いながら、頂きました ♪

食事も済み、後片付けを済ませ、午後からは町内の公園に出掛けました。
この日は、とてもお天気が良く気持ちのいい日でした。
木々も少しずつ紅みがかり始めていました。
公園散策中にご利用者がドングリを見つけ、よく見ると当たり一面たく
さん落ちており、思わず皆でのドングリ拾いが始まりました(笑)

そうして、ふと上を見あげると木に一杯ドングリがなっていました。

小春日和の中、公園でゆったりと午後のひと時を過ごしました。

今回で4回目の調理実習。毎回メニューは変わっていますが、
ご利用者が回を重ねる毎に慣れて来られ、1回目に比べとスムーズに進められ、
また、緊張や不安も少なくなり、笑顔がたくさん見られるようになりました。
新たな事を企画し、チャレンジする事も大切なことだと思いますが、
続けて行くことの大事さも感じ取ることが出来た一日でした。

これからも継続する事を大切にし、そして新たな事にもチャレンジしていく
努力を支援者として行なっていこうと思います。

    ★カメラ目線はバラバラですが、皆、仲良しです(笑)

ビーチボールバレー大会(職員オフ企画☆)

2019年11月05日

10月21日(月) 天候:雨のち曇り

この日、三和町にある三和荘体育館で、法人職員によるビーチボールバレー大会
が開催されました。
前年に引き続き2回目の開催となるこの企画、法人職員が仕事外で交流できる機
会を設け、こういった活動がきっかけで法人職員全体・職場全体に活気が増せば、
ということも期待して行なっているものです。
開会の18:45に向け、18:30頃から勤務を終えた職員たちが体育館に集合し始めま
した。
昨年のあまだ翠光園は、参加することに意義があるというべく「ゆるい」感じで
した(それでも優勝しました笑)が、今年はちょっと違いました。
参加職員も4名から8名に増え、全て10代、20代の若さ溢れる職員ばかりが揃い
ました。
それになんと今回は「試合前に練習」をしたのです!(勝利の期待が膨らみます)

    ■練習風景

いよいよ試合開始です。円陣を組んで気合を入れました!

それでは、素晴らしい(?)プレーの数々を見て下さい ♪

                 ナイス!レシーブ

                          ナイス!!アタック

                ナイス!!!ブロック

数々のスーパープレーが飛び出しましたが、今年は決勝へ進めず残念ながら4位
という結果でした。
でも、若手職員が自身の所属する事業所を背負って頑張ってくれたことは大きな
収穫となりました。
筆者も応援に行きましたが、若手職員が頑張っている姿を見て、本当に嬉しく思
いました。
このオフでの頼もしい頑張りを見せてくれた若手職員に仕事の面でも期待を寄せ、
これからもあまだ翠光園のご利用者の『笑顔』がたくさん見られる支援を一緒に
目指していきたいと思います。

    お疲れ様でした☆

 

MENU

トップページ

お知らせ

福知山学園について

サービスについて

施設のご案内

ご検討中の方へ

情報公開

フクガクコミュニティ

採用情報

プライバシーポリシー

お問い合わせ

寄付のおねがい