社会福祉法人 福知山学園
MENU 寄付のおねがい

福知山学園からのメッセージ

メッセージ

ご利用者の皆さんが、笑顔で生き生きと喜びのある日々を過ごしていただくことが私たちの喜びです

“成せばなる”。
これは私たちの歩みの源であり、未来へ向けたゆるぎない信念です。福知山学園は京都府で唯一の知的障がい児入所施設として誕生し、以来、半世紀を超える歴史を刻んでまいりました。
現在は、幼児・児童への発達支援、障がいの重い方への専門的な生活サポート、グループホームや在宅で生活される方々への地域生活支援など、トータルな福祉サービスを提供しています。

同時に、高齢者福祉においても、デイサービス事業や地域密着型の介護老人福祉施設など、横断的で総合的な福祉事業を展開しています。「障がい児福祉の灯は消さない」「いかなる障がいの方でも、ともに輝きのある人生を送っていただきたい」「人と人とのふれあいの中で、生きる喜びを感じていただきたい」。
こうした強い思いをひとつずつ実現してきた結果として、福知山学園の現在の姿があります。

“いのちいきいき。
福知山学園 ご利用者の皆さんが、笑顔で生き生きと喜びのある日々を過ごしていただくことが私たちの喜びです”。

この法人理念のもと、ご利用者やご家族、そして地域の方々の笑顔を私たち自身の喜びとしながら、スタッフ全員の心を一つにしてまいります。福祉サービスの地域の拠点としての福知山学園をめざして、これからも一丸となって前向きな取り組みを進めていきたいと考えています。

理事長 松本 修

常に新たなビジョンを発信しチャレンジしていきたい

福知山学園では、求められるニーズと真摯に向かい合い、ライフステージにおけるトータルサポート体制のあり方や、真に必要とされる入所支援施設の使命について追求し、実践してきました。
児童入所支援施設「むとべ翠光園」は有期限・有目的を柱に、社会的養護機能、発達支援機能、自立支援機能に加え、地域支援機能の強化として児童発達支援センターや相談支援センターを併設。地域の児童発達支援における、センター的機能を担っています。

各障がい者支援施設では、一人ひとりの障がい特性に合わせた多様な日中プログラムを提供。心身の状態や加齢等に応じた健康管理・介護サービスなど、きめ細かな生活支援を行う共に、ショートステイも積極的に受け入れています。

また、自閉症・行動障がいの方々をメンバーとする特別支援を、複数の施設で展開。精神科医など関連する専門機関と連携し、一人ひとりの個性が輝けるよう論理的に有用なアプローチを続けています。

「いのちいきいき福知山学園」。法人理念を広く具現化する道筋はさらに続きます。
福祉実践者としての普遍的価値を再認識し、インクルーシブな社会実現に寄与すべく、常に新たなビジョンを発信しチャレンジしていきたいと考えています。

総園長 塩見正人

経営理念

〜いのちいきいき。福知山学園〜
「ご利用される皆様に、笑顔でいきいきと喜びのある日々を過ごしていただくことが、私たちの喜びです。」

ビジョン

エンジョイ&チャレンジ

法人設立50年を経た今、「これからの50年をいかにして迎えるか」を主要命題と考え、
組織一丸となって安心と信頼を積み重ねています。

1.オンリーワン支援
一人ひとりの無限の価値を認め、思いやりと細やかなサービスで生きがいある生活を支援します。
ノーマライゼーションの実現/生命(イノチ)の尊厳/ニーズへの対応
2.ファンづくり
トータルな福祉サービスで、ご利用者、ご家族、地域の方々に安心・信頼していただき、適切な情報発信により福知山学園ファンを広めます。
専門性・サービスの質の向上/サービス機能の拡大と充実/安心・満足/地域貢献と“つながり”拡大/情報発信
3.活力のあるチームづくり
経営理念・ビジョンを共有し、磁力ある目標をエンジョイ&チャレンジで実現します。
人間力開発/チームワーク/明確な目標/スキルアップ
4.財務内容の充実
適正な収支バランスの保持/コンプライアンス体制の強化/財務情報の開示/専門性の向上

行動信条

「私たち一人ひとりが感謝とハイよろこんで!の精神で日々の業務に取り組み、人間力と技術力を磨き幸せな人生を送ります」

福知山学園では職員自らがともに働く仲間と常に高めあい、創意工夫して仕事に取り組むことができるよう、
以下の5つの行動信条を掲げています。

信条1 肯定思考
常に感謝の気持ちを持ち、「ありがとう」と素直に言う。
何事も自己成長のチャンスと考え、前向きに取り組む。
信条2PDCA (計画→実行→反省→改善)
施設年度目標をチーム目標として具体化、チームプレーの中で達成に向け努力する。
行動前に計画立案、行動後に反省、改善し、行動レベルをアップさせる。
信条3 重要感表現
挨拶は人との出会いの第一歩、自ら進んで笑顔で挨拶をする。
聞き上手は情報が得られるアンテナ、素直な心と態度で会話中の情報を発見する。
感謝は人をつなぐ架け橋、何事にも感謝の気持ちを持ち“ありがとうの心”で人と接する。
信条4 報告・連絡・相談
確実な報告・連絡・相談を行いチームプレー向上を図り、高品質なサービスを提供する。
コミュニケーションの良い職場をつくり、互いの信頼関係を深める。
信条5 良い習慣つくり
良い習慣を身につけ、実り多い人生をつくる。
一度始めたことは、成果がでるまで継続する。

MENU

トップページ

お知らせ

福知山学園について

サービスについて

施設のご案内

ご検討中の方へ

情報公開

フクガクコミュニティ

採用情報

プライバシーポリシー

お問い合わせ

寄付のおねがい