エントリー
社会福祉法人 福知山学園
採用スペシャルサイト トップページ

理事長 松本 修からのメッセージ

理事長
松本 修からのメッセージ

福祉の仕事、ご存じですか?

福知山学園は、こんなことを考えています。

これから福祉に何ができるのか、一緒に考えよう!

社会福祉というと、国や行政からの指示にしたがって、というイメージを抱きがち。でも、それはまったく違います。福祉の現場で働く私たち自身が、自分の頭で考えていくものです。どうすれば、よりよい環境になっていくのか。みんなの知恵を絞って考えることが、何よりも大切なことなのです。

社会福祉法人は、民間企業と何も変わらない!

もちろん、国や行政と協力し合っていくことは前提です。そのうえで、ご利用者様やそのご家族が喜んでいただけるさまざまなサービスを提供することが私たちの仕事です。やっていることは、普通の民間企業と何も変わりはありません。独立独歩の精神で、スタッフ全員が一丸となっています。

貼られたレッテルなんか、すべて剥がしてやろう!

社会福祉・社会貢献と聞くと、何だか特殊なこと。そして国や行政の予算内でやっていること。一部の人たちから、そんなレッテルを貼られていることも事実です。これからは私たち自身が、社会福祉・社会貢献の本当の意味や意義を、しっかりとみんなに発信していくことが求められています。

いろんな人の、いろんな働き方に合った仕事がある!

例えば、出産を経て、再び働きたいと考えている女性たちがいます。まだお子さんが小さなうちはフルタイムではなく、短い時間で働きたいという方もいます。正規雇用はもちろんのこと、そうした時短、パートタイム、アルバイトを含めて、多様な雇用ニーズに応える仕事を用意しています。

年功序列はありません。努力が報われる仕事です!

60年という長い歴史を持っている福知山学園ですが、こと雇用に関しては、日本の古い伝統を一切引きずっていません。注目なのは、年功序列がないことです。若い人でも、中途採用の人でも、実力があればどんどん昇進できます。その人の努力次第で、やりがいは十分に広がります。

ただし、真面目じゃない人にはおすすめできません!

真面目といっても、カタブツとか融通の利かない人のことではありません。仕事に対する姿勢が、基本的に真面目な人という意味です。やはり社会福祉・社会貢献を目指すからには、生半可な気持ちではなく、きちんと自分の仕事に取り組める。そんな人たちの応募を心からお待ちしています。

職場恋愛・結婚を推奨するのには、訳があります!

幸せでない人に、介護の仕事はできません。幸せのひとつに結婚がありますが、お互いに福祉の仕事を理解していることが、実はとても重要なこと。その意味から、職場恋愛・結婚をすすめているのです。実際に夫婦で働いている方もおりますし、そのお子さんが入職した事例もあります。