エントリー
社会福祉法人 福知山学園
採用スペシャルサイト トップページ

岩堀 友計

生活支援員(介護福祉士)/むとべ翠光園

エドモンズ大学卒業
2012年入職

福知山学園に入職を決めた理由は?

きっかけは、友人の紹介で福知山学園を見学する機会をいただいたことです。それまでは知的障がい者の方々と関わることはほとんどなく、もちろんこうした福祉施設での仕事経験もありません。しかし、前職も直接お客様とやりとりをする仕事だったこともあり、コミュニケーション力には自信を持っていました。この仕事で着実にキャリアを積んでいきたいと強く思い、入職を決めました。

現在の仕事内容を教えてください。

生活支援員として、「むとべ」のご利用者様の生活全般にわたる支援を行っています。具体的には食事介助、入浴介助、日中活動等もサポートします。私は、ビーズ手芸等の創作活動の支援も担当しています。ビーズを使ってミサンガをつくったり、組み紐を駆使してアクセサリーをつくったり。一人ひとりの得意・不得意や性格の違いも配慮し、各自が楽しめる活動を心がけています。

この仕事を選んでよかったことは?

施設内での日々の支援以外に、地域で行われるイベント(運動会等)に出かけていくこともあります。会場に専用のブースをつくっていただき、そこで創作活動でつくった作品の展示販売を行います。ときには、その場でつくって見せる実演販売も行い、来場者の方々にも喜んでいただています。何よりもご利用者様の笑顔が見られることが、私たちのやりがいにつながっています。

仕事をする上で大切にしていることは?

現場では、常に「明るく元気でいること」を心がけています。いつでもポジティブな姿を見せることで、ご利用者様に少しでも多くの安心感や幸せな気持ちを抱いていただきたいと考えています。少し辛いことがあっても、前向きな姿勢を貫き通す。そのために毎日の挨拶はとても大切です。すべてのコミュニケーションは挨拶から始まりますので、自分から進んで大きな声で挨拶をしています。

今後の目標や抱負を教えてください。

今、私はリスクマネージメント(危機管理)の担当をしています。ケガや事故が起こらないよう、事前に職員間で意見を出し合い、それらを取りまとめて実行するようにしています。日々の生活の中で、ご利用者様の期待に応え、さらにその上の確かな支援をご提供していくこと。そして、すべてのご利用者様が「自分は大切にされている」と実感していただけるよう、努力を重ねていきます。

就活中の後輩にアドバイスを一言。

どんな仕事にも言えることかも知れませんが、最初の頃は誰でも失敗をたくさんすると思います。失敗するのがいやで消極的になるよりも、私はどんどん失敗したしたほうがいいと考えています(それが事故やケガにつながってしまうことは、避けなければなりませんが)。失敗を重ねていくことで成長していくので、まずは失敗を恐れることなく、何事にも挑戦してほしいと思います。

プライベート情報

少し柔らかいボールを使う、ソフトバレーに熱中しています。フットサルやマラソンも好きです。

先輩職員の声

福知山学園で活躍しているスタッフに
仕事のことや、趣味のことなどについてインタビューしました。

先輩職員アンケート